明治生まれのタオル

おぼろタオルとは

  • HOME »
  • おぼろタオルとは

リピーターの皆さまに支えられ、誕生から100年余り

創業者 森田庄三郎

「おぼろタオル」は1908年(明治41年)三重県津市に創業者森田庄三郎が「朧染タオル製造法」 (特許證:第14928号第71類)の専売特許で創業。味もそっけもないタオルに図柄をのせたいとヨコ糸だけが染まる技術を開発し、白いパイルの下におぼ ろげな模様を描いたのがその名の由来です。

その後、昭和2年に袋繊ガーゼタオルの実用新案を得て、日本で初めて細い糸によるガーゼタオルの量産化に成功しました。

現在、タオルの8割が安価な輸入品となり、日本製のタオルが次々になくなっていく中、 「おぼろタオル」は日本のお風呂文化にこだわり続けた商品づくりで、「日常使いするならこのタオル」とリピーターのお客様を増やし続けています。

おぼろタオルの特徴

おぼろタオルの特徴


 薄手で軽く、絞りやすいので、身体を洗うタオルとして最も適しているのが、おぼろタオルの特徴です。またかさばらないので、ちょっとした旅行などにもカバンに入れる事ができ持ち運びにも便利です。

おぼろタオルの特徴


 生地の特徴として、おぼろ独自の密度の粗い織り方で一般のタオル比べ乾きやすく軽いのも特徴です。また一般的なタオルにくらべ細い番手の糸を使っているので肌触りも非常に優しく、繰り返し洗濯しても、適度なシャリ感と柔らかい風合いが長続きします。

 また、分業体制が一般的な日本のタオルメーカーの中で、おぼろタオルは自社内にすべての工程を持ち、一貫生産をする事ができる希少となったタオルメーカーです。

 一度使うと手放せなくなる、おぼろタオルの使い心地をぜひお楽しみください。

お気軽にご相談・お問合せ下さい。

TEL 059-225-8292
FAX 059-228-8392

お問い合わせはこちら お気軽にご相談・お問合せ下さい。

営業時間…8:00~17:00
定休日…日曜・祝日[土曜は不定休]
※営業日カレンダーをご確認ください。

PAGETOP
Copyright © おぼろタオル株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.